炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える
---
トピックス

■いやしろの語源について・・【楢崎皐月翁】

イヤシロチに関する由来について掘り下げると、色々な言葉が出て来ますが、
その言葉の解説も必要なので、シリーズでご案内致してます。

           今回は【楢崎皐月】です。

楢崎皐月翁について
静電三法の産みの親、相似象の提唱者。この文献や口述をもって、電子水や、
土地のイヤシロチ化への炭素埋設法や電子農法をはじめとする大きな叡智を
残してくれた先生の足跡を簡単にご紹介します。

         楢崎皐月の経歴 楢崎皐月(ならさき さつき)

1899年  北海道札幌市生まれ。
1917年  中学校卒業後一年志願兵に応募し軍隊生活・少尉任官。
       その後、日本電子工業の電気の専門学校に学ぶ。
       日本石油と契約を結び20代で特殊絶縁油を開発、事業化する大
       日本炭油」で亜炭を原料とする人造石油を精製する研究を始める。 
1941年  陸軍省からの要請を受け満州の製鉄試験所長として渡満。貧鉄か
       ら品質の高い鋼の製造に成功。
1943年  軍の特務研究に従事。吉林・老子廟で蘆有三道士に会い老子の
       思想に触れる。ことにその宇宙観に深い感銘を受ける。
1945年  帰国。
1947年  星製薬の創設者であり参議院議員の星一(ほし はじめ)氏の要
      請により「新しい農業技術」の研究(戦後復興の一手段として工業
      用原材料の生産を主とした農業を拡大する為の「植物波農法」の
      研究)及び大地電位の分布実測調査を開始すると共に重畳波の
      研究にたずさわる。
1950年  「植物波農法」指導開始。
       六甲山中でカタカムナの古い文書を見せられ写筆。
1958年  「静電三法」発刊。
       静電研究会、化成主義文化の活動を本格化する。
1964年  カタカムナ図象の解読、考古物理学の研究を本格的に始める。
1974年  7 月31日没


ご健在だったことの研究中の楢崎皐月翁

01.JPG

トピックスカテゴリー
●いやしろ物語(イヤシロチ)
●報徳の精神
●帆柱権現山と花尾山 の相似象
●炭埋情報&コラム
●肩が凝らない、お知らせです
●実は面白い相似象物語
●電子水(微細クラスタ-)・高電炭
●電子水・百人の実証
●高電導炭・お客さまの声

記事バックナンバー
● 2012年11月
● 2012年10月
● 2012年09月
● 2012年08月
● 2012年07月
● 2012年06月
● 2012年05月
● 2012年04月
● 2012年03月
● 2012年02月
● 2012年01月
● 2011年12月
● 2011年11月
● 2011年08月
● 2011年07月
● 2011年06月
● 2011年05月
● 2011年04月
● 2011年03月
● 2011年02月

お客様の声

日本たんまい協会(炭埋協会)

-