炭素埋設で、イヤシロチ計画
炭素埋設と電子水で、イヤシロチ いやしろ ホームへ イヤシロチ会社概要 お問い合せ
炭素埋設でマイナスイオン
炭と暮らす「高電導炭」 住まいの炭 「竹炭・調湿炭」 暮らしの水「電子水」 わが家で温泉「重曹温泉」 高電導炭・電子水 商品一覧 お客様の声
炭素埋設で磁場を整える


日本たんまい協会
住まいの炭
■炭埋(たんまい・炭素埋設)
「優勢地帯(いやしろち)」と炭素埋設

炭素埋設磁場の強い所は「優勢地帯」、弱い所は「劣勢地帯」と呼んでおるが、昔から作物の出来の良いところと悪いところがあるのもその影響といわれておる。
極端な劣性地帯は低電位で作物の育ちが悪いだけでなく、そこに住む人間にもエネルギーを奪いやがては病気になってしまう。
劣性地帯野生の動物、鳥、魚などは、巣を作るときには優勢地帯を不思議なことに本能で選んでいるのじゃよ。
私たち人間も大昔には他の動物と同じように優勢地帯を感じとる直感があったのじゃろうが・・野生から離れた現代人にはそれも無理な話じゃ。
そこで、「酸化したものを還元する」炭素を地中に埋めると、その場所の磁場を高め「劣勢地帯」から「優勢地帯」に変えてしまう効果がある。これが、「炭素埋設」というわけじゃ。

炭素埋設の効果について
炭素埋設とは、優勢地、劣勢地を見分けて、炭素を土中に埋設することにより、磁場のバランスを調整・向上させる技術です。
環境破壊や汚染、地形、その他の悪条件によって疲弊し、人間やその他の生き物のエネルギー(電子)を奪っていた大地や大気を蘇らせ、やがて地上の生物や物質にエネルギー(電子)を恵んでくれるような環境になります。

自然界に無限にある宇宙のエネルギーを炭素埋設によって最大限に活用して病気にならない環境づくり、物質が永持ちする環境づくりを目指す21世紀のクリーンエネルギー利用法です。
  • マイナスイオン増加
  • 有害な電磁波を遮断する
  • 地下水が安定
  • 農地に埋炭すると良い収穫が向上
  • 湿度調整機能、じめじめが無くなる。
    悪いカビや雑菌が減少
  • 空気がきれいに。酸素量が多くなる。

「炭素埋設」はこのように利用されています。

  • 国宝保管、寺社仏閣
  • 食料備蓄対策
  • エネルギー備蓄対策 省エネ健康住宅対策
  • 山崩れ対策 地震対策
  • バイオ技術への応用
  • ガン予防対策
  • 湖の水質汚染対策 海洋汚染対策
  • 寒冷地帯への農業対策

炭素埋設を行った場所(左)と行っていない場所(右) 
植物の根や枝葉の育ちがこんなに違います。→ 
 
炭素埋設
炭素埋設炭素埋設埋炭の効果
炭素埋設による大地電位の調整法

電気的にみてよい土地とは区域内の電位差が安定していること(等電位)、周辺と比べて電位が高いことが大切な条件となります。
仮に、電気的に悪い条件(劣勢地)であるならば劣勢地帯を電気的に改善し、優勢地帯にする方法が大地電位の調整法です。

穴を掘ること(損傷電位の発生)

基本としては、直径1メートル深さ1メートルないし、2メートルの穴を掘ります。
その時、損傷電位というものが生じます。
損傷電位とは、生物体の外皮表面の電位変動はほんのわずかであり、極めて微弱な電位差を示すにすぎませんが、損傷を受けると上皮面に相当大きな電位差が生じます。
これを損傷電位というのですが、<イラスト1>のように東洋医学の鍼治療はこの原理を利用したものです。

地球表面の大地表層は人間の皮膚のようなものであり、<イラスト2>のように大地に井戸を掘り、地球に損傷を与えて電位差が生ずるということは、皮膚に損傷を与えた場合と相似的現象であるとも考えられます。
地球を一個の生命体であるとするガイヤ仮説というものがありますが、このような電位変動の現象をみているとまさに大地は生きていると強く感じます。

炭素埋設

炭素埋設

>> エレクトロンコミュニティの炭素埋設について